ホンダ、青木氏が退任し会長は空席に(レスポンス)

ホンダは22日、6月下旬の株主総会後に決める役員人事を内定したと発表した。青木哲会長ら4人の取締役が退任し、開発部門子会社である本田技術研究所の川鍋智彦専務ら3人が新任取締役となる。

青木会長は2007年6月に就任、08年5月から任期2年の日本自動車工業会会長を務めている。ホンダの会長職は外部の公的職務に就くためのポストでもあり、直近では04年6月から3年間、会長不在の時期があった。

一方、本田技術研究所の川鍋氏は4月1日付で研究所社長に昇格したうえで、6月にホンダの常務取締役に就任する。研究所の社長は昨年6月から伊東孝紳ホンダ社長が兼務していたが、解かれる。

《レスポンス 池原照雄》

【関連記事】
青木自工会会長「CO2削減には産業界の意見反映を」
GM、ウィッテーカー会長がCEOに正式就任
トヨタ豊田社長、記者会見スピーチ全文
ホンダ 特別編集

<10年度予算案>大阪、新潟で公聴会開く 衆院予算委(毎日新聞)
茨木の民家 火災1人死亡(産経新聞)
<金剛峯寺>田島大僧正が法印に就任 真言宗最高僧位(毎日新聞)
「社長、そのうち代える」=トランス社元顧問が取引先に−黒木容疑者の意向か(時事通信)
自民が審議拒否、小沢氏は国会招致明言避ける(読売新聞)
[PR]
by kpyma0afyl | 2010-02-25 23:37
←menuへ