<聖書>新たに翻訳始める 16年出版予定(毎日新聞)

 日本聖書協会(東京都中央区)は2日、新たに聖書の翻訳を始めると発表した。2016年に「標準訳聖書」(仮称)として出版する予定だ。

 同協会は1887年に「文語訳聖書」、1955年に「口語訳聖書」を発行。87年にはカトリック、プロテスタントの両教派が協力して「聖書 新共同訳」を出した。だが、平明さを追求した結果、「日本語の美しさやリズム感に欠ける」との指摘もあったという。

 今回も両教派の共同訳。聖書学の進展を踏まえ、原典に忠実な翻訳を目指しつつ、日本語としての表現にも配慮する。

<仙谷戦略相>NPOへの寄付促進…「税額控除方式」に意欲(毎日新聞)
学生寮、不況で復権 家計に配慮、自ら希望(河北新報)
自民が国会審議に復帰 衆院議長不信任決議案などは否決(産経新聞)
<新型インフル>帰国者対策重視で対応遅れ 厚労省まとめ(毎日新聞)
疼痛ケア「受けたことない」が約6割(医療介護CBニュース)
[PR]
by kpyma0afyl | 2010-03-05 18:48
←menuへ