東アジア共同体、5月具体化=鳩山首相が取りまとめ指示(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は19日午前の閣議で、持論の東アジア共同体構想について「日本を開くという考え方に基づき、大胆かつ積極的にスピード感を持って立案、実行し、より幅広い分野で具体的な取り組みを推進してほしい」と述べ、5月末までに具体化するよう指示した。
 首相は具体的な検討課題として、経済連携協定(EPA)の推進、地球温暖化対策を含む環境問題での地域協力、防災協力、海賊対策、文化交流などを列挙。特に6月に具体策を取りまとめる新成長戦略の柱の一つである「アジア太平洋自由貿易地域」(FTAAP)構築を視野に入れた取り組みを求めた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
特集「ソマリア沖の海賊」=ソマリアの現状と歴史
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
〔用語解説〕「地球温暖化対策基本法案」
ハーグ条約加盟「真剣に検討」=鳩山首相

普天間問題、未決着なら継続使用 米海兵隊司令官(産経新聞)
<保険金殺人>上申の元組長 東京高裁も懲役20年の判決(毎日新聞)
<気象庁>チリ津波「過大」発言…長官は「おわび不要」(毎日新聞)
<普天間>与勝の人工島建設案 沖縄県知事「極めて厳しい」(毎日新聞)
「ツイン」1万台リコール=スズキ(時事通信)
[PR]
by kpyma0afyl | 2010-03-23 20:19
←menuへ