「わんこそばは心理戦」大分の精神科医が3連覇(読売新聞)

 制限時間内に1杯10グラムのそばを何杯食べたかを競う「第52回わんこそば全日本大会」が11日、岩手県花巻市文化会館で開かれた。

 全国の150人が挑み、大分県別府市の精神科医青木貴孝(よしのり)さん(39)が最多記録を13杯上回る254杯を平らげ、大会初の3連覇を果たした。

 青木さんは精神科医らしく、「わんこそばは5分間の心理戦。給仕する人との呼吸が大事」と大食いの秘訣(ひけつ)を披露。「今年40歳になるのでこれで最後。有終の美を飾れた」と満足げ。会場には、10杯でかけそば1杯分のそばをかき込む姿に、盛んに声援が飛んでいた。

高速道路無料化、公共交通に打撃は早計馬淵副大臣(レスポンス)
<雑記帳>下関だって龍馬ゆかりの地…長府博物館が資料公開(毎日新聞)
JR高円寺駅 転落女性を救助 レールの間に寝かせ(毎日新聞)
通報だけで死亡と判断=救急隊、出動させず−沖縄・宮古島(時事通信)
愛子キティちゃん、売れてます!金メダルならプレミア化!?(スポーツ報知)
[PR]
by kpyma0afyl | 2010-02-18 21:49
←menuへ