<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 国公立大入試の2次試験について、文部科学省は29日、出願状況の中間集計を発表した。同日午前10時までの志願者数は9万9370人。募集人員で割った倍率は1.0倍で、この時点の倍率としては前年、前々年の0.8倍を上回った。
 内訳は国立が7万6837人で1.0倍、公立が2万2533人で1.2倍。同省大学入試室は「学費が安く、自宅に近い大学の人気が高くなったのでは」とみている。出願は2月3日まで。
 学部別の倍率が最も高いのは、国立は前期日程が東京芸大美術の7.6倍、後期が東京大(理科三類を除く)の20.4倍。公立は前期が京都市立芸大美術の2.1倍、後期が高知女子大看護の7.3倍、中期が名古屋市立大薬の5.6倍だった。 

<秋葉原殺傷>東京地裁で初公判 冒頭陳述要旨(毎日新聞)
香港に捜査員派遣へ 銀座の高級時計窃盗事件(産経新聞)
<株主代表訴訟>西松建設元役員らを提訴 違法献金返還求め(毎日新聞)
介護従事者の処遇の調査方法で議論―給付費分科会調査実施委(医療介護CBニュース)
女性は仕事後に5歳老化!?(産経新聞)
[PR]
by kpyma0afyl | 2010-01-31 07:55
 愛媛県伊方町串の三崎漁協が、軟らかな殻ごと食べられる脱皮直後の伊勢エビを急速冷凍し、試験的に飲食店などに卸している。

 殻が軟らかなのは脱皮後数時間だけで、漁でとれた伊勢エビを脱皮目前まで育て、2時間おきに見回って、脱皮したばかりでの商品化を実現。試験販売の評判は上々で、「岬夢想海老(はなむそうえび)」と名付けて、今秋から一般販売に乗り出す。

 同漁協では、毎年9月の伊勢エビ漁解禁後、毎年約8トンの水揚げがある。大半は蓄養池で育て、年末に贈答用として出荷している。

 脱皮直後の伊勢エビはたまたま網にかかることもあるが、軟らかいために一部がちぎれるなどしていることが多い上、すぐに殻が硬くなるため、出荷せずに漁師が食べていた。

 漁協では、一昨年から丸ごと食べられる伊勢エビの商品化を目指し、水槽で脱皮の様子を観察。水温が20度程度になる11月下旬、大半は夜間から早朝に行われ、2時間程度で、殻が硬くなることがわかった。

 このため、脱皮間近と見られる200〜300グラムの食べ頃の大きさのものを池から水槽に移し、夜も2時間ごとに見回って、脱皮直後のものを急速冷凍することにした。

 09年に試験的に約300キロを漁協直営のレストランなどに卸し、から揚げや蒸し料理にして提供したところ、甘みの強さや、殻があることをほとんど感じずに食べられる珍しさが人気を集めた。

 今年は1トンを用意し、一般消費者向けにも販売したいとしている。其田稔組合長は「増産のめども立った。付加価値の高い、新たな伊勢エビとして売り込みたい」と張り切っている。(梶原善久)

囲碁十段戦、挑戦者に山下棋聖(産経新聞)
<バレンタイン>チョコの収益でイラクの子ども支援 函館(毎日新聞)
<発達障害者>「推進会議」に参加を…支援団体が要請(毎日新聞)
小沢事務所あて金属弾、ライフル実弾と判明(読売新聞)
神戸の女性不明で捜索 40代男「京都に遺体捨てた」 兵庫県警(産経新聞)
[PR]
by kpyma0afyl | 2010-01-29 19:56
 ジョージ・クルーニーやブラッド・ピットらが演じる窃盗団が活躍するアクション映画「オーシャンズ11」にあこがれて駐輪場荒らしを繰り返したとして、警視庁少年事件課は窃盗の疑いで、解体工の少年(16)ら、いずれも東京都足立区在住の16歳の少年少女4人を逮捕した。今後、別の無職少女(16)についても、同容疑で書類送検する予定。

 解体工の少年は「14歳のころ、親の知人だったプロの泥棒からテクニックを学んだ。映画を思い描きながら犯行に及んだ」と話しているという。

 同課によると、少年らは「足立メンツ」という窃盗グループを名乗っており、「昨年6月ごろから賽銭(さいせん)泥棒や事務所荒らしなどを約60件やり、80万〜100万円稼いだ」と容疑を認めている。

外貨準備の適正規模調査=圧縮なら円高助長も−菅財務相(時事通信)
東金女児殺害、弁護士が独自鑑定「犯行不可能」(読売新聞)
胆沢ダムの建設続行=首相(時事通信)
株安・円高「様子を見る」=鳩山首相(時事通信)
<リコール>シャープの両開き式冷蔵庫97万台 扉が落下(毎日新聞)
[PR]
by kpyma0afyl | 2010-01-28 18:04
 長妻昭厚生労働相直属で、有識者による「年金記録回復委員会」が25日開かれ、昨年末に廃止された旧社会保険庁職員らに対するアンケート結果の概要が示された。年金記録問題に精通したベテランチームの編成や、国民年金と国民健康保険を混同する国民への周知徹底など、問題解決に向けた指摘が寄せられており、厚労省は3月中に結果をまとめる。
 調査は昨年12月、旧社保庁の全職員とOBに実施し、94.1%に当たる1万6612人から回答があり、同日の会合では元幹部の回答例が紹介された。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

名護市長選 県外移設派、稲嶺氏当選 辺野古案困難に(毎日新聞)
「辞任の声出ないの不思議」麻生前首相が民主批判(読売新聞)
<郵便局強盗>江戸川の事件、37歳容疑者を逮捕 警視庁(毎日新聞)
映画にあこがれ、事務所荒らし=容疑で少年ら4人逮捕−警視庁(時事通信)
「アングラ」文化の歌手 浅川マキさん急死(産経新聞)
[PR]
by kpyma0afyl | 2010-01-27 02:04
←menuへ